本文へスキップ

タロット占いが自分でできるようになる

タロット占い 講座

学べる タロット占い

タロット占い

タロット占いとは、「タロット(tarot)」呼ばれるカードを使った占いのことです

今日、占いに用いられているスタンダードなタロット・カードの枚数は全部で78枚。また、 その78枚のカードは、22枚の「大アルカナ(Major Arcana)」と56枚の「小アルカナ(MinorArcana)」に分けられます。
 
タロット・リーダー(タロット占いを行う人のこと)は、カードをシャッフルし、そこから偶然に出てきたカードによって、質問の答えを導き出します。

■タロット占いの基本原理
タロット占いの基本にあるのは、占いをおこなった際、一見単なる「偶然」に出てきたように思われるカードには、質問者に対してなんらかの意味を持つという考えです。


■タロット・カードの全体の構成と各カードの意味
タロット・カードは、「大アルカナ」と呼ばれる22枚のカードと「小アルカナ」と呼ばれる56枚のカードに分けられます。


■タロットの手法
まずカードを裏向きにして机の上に置きシャッフルする。そしてシャッフルしたカードの中から数枚を引いて机の上に並べる。カードの並べ方には様々なものがあり、カードの並べ方のことをスプレッドと呼ぶ。

それぞれのカードには意味があり、カードの絵柄がそれを表している。ここから占い結果を読み取る(リーディング)。カードの名称から辞書的に意味を調べるだけでなく、カードに描かれている光景を基に意味を感じ取ることも必要である。

カードの意味は正位置(上下の向きが正しい状態)・逆位置(上下逆さまの状態)で意味が変わってくる。正位置はカードの本来の意味を表し、逆位置は別の捉え方をしたものである。

原則として、正位置の意味はカードの善・陽の部分(例:戦車 前進)、逆位置の意味は悪・陰の部分(例:戦車 暴走)として解釈がなされる。

ただし正位置・逆位置の区別を行わないタロットデッキ(近年新たな解釈で創作されたカードには、位置の正逆を採らない物もある)や占い師も存在し、カードの意味は占い師によって解釈が大きく異なる場合がある為、これが正解と言える解釈は存在しない。それだけに直観力やイマジネーションなど、占い師の資質が問われる占法と言える。

タロット占いは、その特性上「明日の運勢は?」などのような抽象的なテーマを占うのには向いておらず、占う内容を具体的に絞り込む必要がある。恋愛相談や進路相談などカウンセリング的な要素を含む占いに適していて、根強い人気がある。

但し、大アルカナを使用し任意の1枚を抜き出しおみくじ的に単純な吉凶を占う方法は広く行われています。


タロット占い 通信講座

スクール名 占い教室 未来スクール
標準受講期間 3〜6ヶ月未満
■期間: 約3ヶ月〜6ヶ月
※受講者によってはそれより早く終了する方もみえます。

■内容: タロット入門〜上級コースまでご指導致します。
添削有無・回数 なし  /  電話による指導/ 30分×2回
メールでは不可。
受講料 【入学金】 0円    【受講料】 29,800円    【その他】 0円
送付物 タロットカード(ケース入り)、教本、【期間限定プレゼント】定価2万円相当の本水晶玉/ 金色の台付き(直径50ミリ)


ナビゲーション