本文へスキップ

タロット占いが自分でできるようになる

タロット占い 講座

スプレッドの種類

スプレッドの種類

名称 解説
フォーチュン・オラクル法 V字型に7枚、その中央に3枚。
セブン・テーリング法 7枚の予言。対人関係に向く。
ケルト十字法 悪魔の10カード、大十字架占いともいう。
ホロスコープ法 黄道十二宮のように12のジャンルに分けカードを配列。
ヘキサグラム法 六芒星(ヘキサグラム)のようにカードを配列。
変形ヘキサグラム法 ヘキサグラム法を12枚に増やし、過去からの流れを明確にした展開法。
大三角の秘宝法 3枚のカードを3角に配置、キーカードも1枚配置
二者択一展開法 V字型に5枚配置
ファランクス法 16枚のカードを4×4で配置(小アルカナの人物カードのみを使用)
大ピラミッド法 最下段12枚、上に行くに従い11、10...最後は1枚と配置。
グレゴリウス法 10枚を3段(月の日数による)、さらにその右横に1枚ずつ、さらにその右横に1枚ずつ配置
陰陽法 2枚のカードを縦に配置




ナビゲーション